建築士の方のアドバイス

新築住宅を建てる事は、多くの人にとっては人生で最大の買い物であり、イベントでもあります。敷地の制約はあるものの、その中で家族で相談しながら夢を膨らませる事は非常に楽しいものです。

建築士の方のアドバイスをしっかり受入れ、自分達の理想の家づくりが出来るのは素晴らしい事です。しかし、この理想の家と言うのが、年月とともに変化する事も、織り込んでおくべきと言えます。

住宅を建てる時に、例えば夫婦2人と子供2人の4人家族であれば、そこぞれのその時の想いを反映して理想の家を考えるものです。しかし、10年から20年もすれば、子供は独立し、夫婦2人だけの生活に戻ります。また、さらに高齢化すれば足腰が弱り、場合によっては介護の必要性が生じる可能性もあるのです。

住宅を建てる時のみを考えるのではなく、そうした家族構成の変化や、理想の生活パターンの変化がある事を配慮して置く事も大切です。例えば2人の子供の子供部屋は完全に独立した小さな部屋に仕切るのではなく、据え付け型の家具等で仕切り、独立性を確保すると共に、子供が独立してしまえば大きな部屋として多様に利用できる様にしておく等の工夫もしておくと良いでしょう。

老後の事を考えると、車椅子が通れるように廊下の幅を1m程度に広くする事も良いでしょう。こうした配慮を少ししておくだけで、長く後悔しない家づくりが可能だと思います。

PR|健康マニアによる無病ライフ|ダイエットチャレンジ100日|お家の見直ししま専科|女性のための薄毛治療研究会|ゴミ屋敷解消Q&A|住宅リフォーム総合情報|注文住宅のための用語集|AGAでお悩み解決|クレジットカードの即日発行じゃけん|女性の生き方|美容と健康女性ランキング|英語上達の秘訣|お小遣いNET|マッサージのリアル口コミ.com|